冨山智広、Skynet代表取締役が弟子から学んだことを公開します。

FXの自動売買を行うにあたり、何が重要になってくるかは、人によって判断が分かれる部分なのかもしれません。とはいえ、誰であっても、儲ける儲けないにかかわってくる資質というものが必要になってきます。その本質はFXの自動売買だけで培われるものではなく、実はギャンブル、パチンコパチスロのようなものでも養えるものです。この中で、過去にパチプロだったにもかかわらず、結果的にFXの自動売買にかかわるプログラムの開発に転身して成功を収めた人がいます。それが冨山智広さんです。

浪人時代に始めたパチンコパチスロ

冨山智広さんは元々福井県の大学に通い、工学部に進学していました。しかし、ストレート、現役合格だったわけではなく、実は浪人時代を経験しています。この浪人時代に色々な面で冨山智広さんに影響を与えたものがあります。それがパチンコパチスロです。時間もあった冨山智広さんはパチンコパチスロにのめり込んでいきますが、こののめり込んでいく中で冨山智広さんはあることをはじめます。それが攻略法の考案です。元々ギャンブルで熱くなるという冨山智広さんですが、工学部に入るだけあって数学が得意だったとか。せっかくならばパチンコパチスロの解析をしようと思い、攻略雑誌を購入し、様々な理論を試していきました。
冨山智広さんが考えた攻略法は、スロットを1時間ないし2時間回していく中でどれだけ回転をするかを調べるものでした。たくさん回る台はそれだけ小役が揃いやすく、設定もいい台とされていたからです。パチスロでは設定というものがあり、当たりやすくしたり、当たりにくくしたりすることができます。冨山智広さんはいかに当たりやすい台を探すか、そのための攻略法を編み出したのです。実際にそれを用いる際には、パチスロのシミュレーターを購入して実際に何万回も何十万回も試してみて、絶対の自信を得て実践していきました。最終的に毎年400万円、500万円という金額を手にできたわけですから、ホンモノの中のホンモノであることがわかります。

弟子から学んだこと

福井県に住んでいた冨山智広さん、当然実践したのは福井県のパチンコパチスロの店舗なわけですが、行けば毎回勝っている姿に違和感を持たない人はいません。もちろん冨山智広さんは犯罪的なことをして稼いでいたわけではなく、正々堂々とそれだけの金額を勝っていました。すると、なぜそれだけ勝っているのかとそのコツを教えてほしいと願う人が出てきたのです。こうして冨山智広さんには弟子が誕生し、多くて20人くらいが冨山智広さんを師匠としていました。
しかしながら、冨山智広さんは弟子に対してドライで、自分の優位性を最優先して、すべての攻略法を伝えるのではなく、ある程度のものだけ教えて、自分で利益を独占しようとしました。こんな状況の中で冨山智広さんはあることを弟子から学ぶことになります。それは攻略法を使って実際に結構な勝ち方をする人がいれば、反対に損を出してしまう人もいました。それはなぜか、冨山智広さんは不思議に思ったでしょうが、結局自分流にやってしまう人がどれだけ多かったというわけです。
なぜ自分流でやってしまうのか、下手にパチンコパチスロに長く触れてきた分、オカルトに傾倒してしまう人が多く、それが損を与えると考えています。そして稼げた人は攻略法をそのまま実践した人など、そのあたりがなかなか折り合いをつけるのが大変なところです。

いかに運を介入させないか

FXの自動売買ではいかに感情を取引の中に介入させないかを考えています。もし感情が入ってしまえば、正しいタイミングで売り買いができなくなります。冨山智広さんは、少額でもいいからまずはデモトレードではなく、自分のお金で自動売買を行うようにアドバイスを送っています。この理由は、感情が入ればどれだけ自分自身がブレてしまうのかを知ることが大事だからです。デモトレードでは感情が動きようがなく、下手なことをしても忘れてしまいます。しかし、少しでもお金を賭けると自分の事として考えられるため、すべてが糧になるからです。
いかに運を介入させないか、パチプロ時代に冨山智広さんが一生懸命考えていたことですが、FXの自動売買においてはいかに感情を介入させず、そして運も入れさせないか、この部分が重要になってきます。運を介入させる、させない、これがわかるようになってくれば、FXの自動売買で稼げるようになるのかもしれません。

まとめ

パチプロからFXの自動売買で用いるシステム開発へ、なんとも見事な転身ですが、実際のところ、やっていることは大して変わりません。だからこそ、FXの自動売買でも大きく稼げているのではないでしょうか。冨山智広さんの活躍はまさに始まったばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です